究極の贅沢を、最高峰の料亭で。

吉兆

和を極めた「高麗橋吉兆本店」で、
懐石料理を楽しむ、最高のおもてなし体験。
日本人でも、常連客とその紹介者しか予約できない憧れの料亭で、
贅沢なひとときをご堪能いただきます。

完全予約制

究極のおもてなし
  • 懐石
  • 日本舞踊
  • 茶道
  • 通訳
  • 撮影

Kiwami

極

和の極み・
懐石フルコース
(フリードリンク)

  • 懐石
  • 日本舞踊
  • 茶道
  • 通訳
  • 撮影

200,000円(一人)

Zei

贅

140,000円(一人)

Yorokobi

喜

120,000円(一人)

吉兆とは

日本料理の最高峰、吉兆。
日本屈指の高級料亭として知られ、その心を尽くした和のおもてなしは、吉兆でしか味わうことができません。
創業者・湯木貞一氏は、懐石料理に茶の精神に通じる「侘び・寂び」はもとより、
日本の美しい四季と花鳥風月を料理に取り入れ、懐石芸術とも呼ばれる吉兆の世界を確立、
日本料理の流れを大きく変えました。
その創業者の精神と伝統を今に受け継ぐ、高麗橋吉兆・本店。
数々の和のしつらえと共に、最高峰の懐石料理をじっくりとご堪能ください。

懐石料理

懐石料理は本来、茶事の際、亭主が来客をもてなす料理のことで、その後に会合などで出される上等な料理として広まりました。茶の湯を愛した「吉兆」創業者・湯木貞一は、禅の精神を生かした茶席での料理とその心遣いでおもてなしする「懐石料理」こそ、「吉兆」の料理であると位置づけたのです。季節感を大切にし、旬の素材でつくる料理。それは器を大切にし、上品で華のある料理をめざした「懐石料理」です。

吉兆

〒541-0043 大阪市中央区高麗橋2-6-7

このページの先頭へ